【スポンサーリンク】

ペットロスとは?

ペットロスという、最近よく聞かれるようになった言葉。

 

文字通り、ペットを失うことによる喪失体験で、
その悲しみや嘆きから、
心や体に不調を来すことを「ペットロス症候群」と言います。

 

涙が止まらなくなったり、眠れなくなったり、食欲がなくなったりと、
様々な不調が起こることがあります。

 

何もやる気が起きず、心神喪失状態に陥ることも。
そのような状態になっても、自分を責める必要はありません。

 

ペットロス症候群は特別な病気ではありません。

 

ペットを失ったことで、どのような気持ちを抱いても、
心身にどのような不調が起きても、
自分だけがそのような状態になるのではなく、
誰しもがそうなるものです。

 

自分が異常なのでは、と心配する必要は全くないのです。

経験しない人にはわからない気持ち

「ペットロス」という言葉はよく聞かれるようになりましたが、
それを経験したことのない人からすれば、
その悲しみや苦しみの大きさは分りにくいものです。

 

中には、ペットを溺愛していた特殊な人や、
ペットとしか信頼関係を結べないような人がなるものだと
思われてしまう場合もあります。

 

そのような心無い言葉で、さらに傷ついた人もいるかもしれませんね。

 

また、実際ペットロスになった人も、

 

「まさか自分がペットロスになるとは思わなかった」
「ペットを失うのがこんなに辛く悲しいものだとは思わなかった」

 

と感じる人も多いと言います。

 

愛する者を失う悲しみは、経験しなければ分らないものなのです。
ペットを飼った経験のない人には、ことさら想像しづらい悲しみでしょう。

ヒューマンロスと同じ命

ペットではなく、
愛する身近な人を亡くすことを「ヒューマンロス」と言いますが、
愛する者を失う悲しみは、ペットロスもヒューマンロスも同じです。

 

ペットロスもヒューマンロスも、
愛する者を失ったことによって起こる、自然な現象です。

 

人とペットは姿が違うものの、同じ命。
命の尊さには、変りがないのです。

 

実はペットロスは、ペットと別れるときに始まるのではなく、
出会ったときから始まっているものです。

 

生があるものは、時とともに老い、いつかは亡くなるものです。
これはペットも人間も、命を持つ者はみんな、例外ありません。

 

人間よりも寿命が短いペットを飼うということは、
飼った時点で最後まで世話をするという責任を引き受けること、
そして、ペットロスを迎えることなのです。

 

ペットを飼うということは、いつか訪れる別れ、
その別れから来る喪失感を引き受けているということです。

 

ペットロスの引き受け方は、ペットとの暮らし方、
ペットとの愛情関係、別れ方など、人それぞれです。

 

その人の性格によっても違います。

 

ペットを飼うこと、
そしてペットを失うことは、自分自身と向き合うきっかけにもなります。
尊い命を持って、
ペットは人生を、自分自身についてを教えてくれるのです。

ペットにもあるペットロス

飼い主の視点からのペットロスについて考えることは多いですが、
ペットにもペットロスがあるのを知っていますか。

 

複数で暮らしているペットのうち、
仲間が亡くなると、残ったペットたちも悲しんでいます。

 

大好きだった仲間を思い、
体調を崩したり、仲間の姿を探したり鳴いたりすることがあります。

 

寂しさから、飼い主によく甘えるようになることも。

 

ペットは言葉は分りませんが、
言葉の中にこめられた意味は伝わります。

 

仲間を失ったペットが寂しそうに、悲しそうにしているときは、
優しく語りかけてあげましょう。

 

そして、亡くなった仲間の分まで、愛情を注いであげましょう。

 

ペットロスは辛く悲しいものですが、
ペットと愛情を通わせることができた、絆の証でもあります。

 

心が癒えるには、
長い時間がかかりますが、ゆっくり時間をかけていいものなのです。

 

やがて良い思い出となって、
その思い出と人生を歩んでいける日が来るでしょう。

【スポンサーリンク】