【スポンサーリンク】

ペットの病気と介護について

ペットが病気になると、とても心配ですね。

 

言葉を話すことができない
動物の苦しそうな姿を見ると、飼い主も辛くなります。

 

ペットの病気を防ぐために何ができるのでしょうか。
また、ペットが病気になったらどうしてあげればいいのでしょうか。

 

スピリチュアルの視点から病気について考えるとき、
病気は大きくふたつに分かれます。

 

「宿命の病」と「運命の病」です。

 

このうち「宿命の病」とは、どうしても避けられない病気や怪我のことで、
これによって寿命を迎えるという、決められたものです。

 

一方「運命の病」とは、食事や生活習慣など、
生きていく上でかかってしまう病気です。

 

スピリチュアルの観点から寿命について見たとき、
人霊は、生まれたときに天命や、寿命が決まっていると考えますが、

 

動物の霊も、人霊ほどでは厳密ではないものの、
同じように寿命がある程度決まっていると考えます。

 

ですので、「宿命の病」であればそれは避けることはできず、
霊のレベルで定められたこととして受け入れる必要があります。

避けられる病

ですが「運命の病」の場合は、
飼い主によってコントロールすることができるのです。

 

例えば食事。

 

可愛いから、かわいそうだからと、
人間と同じものを食べさせることを続けていれば、
塩分も多くなり、脂肪も摂りすぎて、健康を害することになります。

 

飼い主によって食事をコントロールし、病気を防ぐことが可能です。

 

また、住環境を整えてあげることも大切です。

 

身の回りを清潔に保ってあげるのはもちろんですが、
普段何気なく過ごしているフローリングも、
ペットにとっては足を滑らせて怪我をする原因となることもあります。

 

病気や事故を、
飼い主の注意不足で招かないように気を配りましょう。

病院の選び方

また、どんなに気を付けていても病気にかかることもあります。

 

予防接種や定期健診も重要なことですが、それをどの病院で受けるか
しっかり選ぶことも重要です。

 

あなたも、もちろん口コミなどを基に、
最善だと思う動物病院を選ぶでしょうが、選んだ病院と
ペットとの相性がいいかどうか、一度よく見極めましょう。

 

獣医や看護師にペットがなついているか確認してみてください。

 

動物たちは、人のオーラを見ています。
オーラや波長が合わない人に世話をされたり、治療されたりすることは、
望んでいません。

 

1か所の病院だけにするのではなく、数か所を比較してみましょう。

障害をもっている

病気や不慮の事故で、ペットが障害を背負うことになることもあります。
それはとても辛く苦しいことのように思うでしょう。

 

ですが、
例えペットが病気や怪我でハンディキャップを背負うことになっても、
魂に障害はありません。

 

生まれながらに
ハンディキャップを持ったペットを飼っている人もいることでしょう。

 

ハンディキャップは、生活するうえで不便ではありますが、
それによって魂が脅かされるものではありません。

 

飼い主の献身的な世話を受けることで、動物たちも、
どんな姿でも変わらずに受けられる愛を知ることができます。

 

 

ハンディキャップを背負った子も、魂に不自由はなく、
命の輝きには変わりがないのです。

 

もし、飼い主の過失によって怪我を負わせたり病気になるなどで、
ハンディキャップを背負うことになったとしても、
自分を責めないでください。

 

現実に起こったことを責めて後悔するだけではなく、
受け入れ、乗り越えることが大切です。

 

ペットと痛みを共有し、変わらず愛情を注いであげましょう。

 

痛みを分かち合い、
献身的に身の回りの世話を続ければ、魂は喜び、輝きます。
そして、より深い絆となることでしょう。

【スポンサーリンク】

ペットが病気になったときの受け止め方記事一覧

犬の安楽死は誰のために行いましたか?苦しそうにしているペットを見て安楽死を考えるのか苦しそうなペットを見ている自分がかわいそうで安楽死を選ぶのかどちらですか。ぺットが病気や怪我でとても苦しみ、治る見込みもないような場合、早く痛みや苦しみから解放してあげたい、早く楽にしてあげたいという思いで、安楽死を選ぶこともあります。動物病院によっては安楽死を実施していないところもありますが、たいていの病院では、...

犬の突然死、ペットの突然死は、飼い主にとってはとてもショックなことです。ずっと元気だったのに、急に体調を崩してそのまま亡くなってしまった、また、前触れもなく、朝起きたら目を覚まさなかったなど、心の準備もなく、突然別れの日を迎えてしまうことがあります。持病や老化など、原因がはっきりしていれば、心の整理もつけやすいものですが、思い当たる理由もなく突然死してしまった場合、混乱して現実を受け止めることがで...

犬の事故死や猫の事故死など、ペットを交通事故や家庭内の事故で失うことは、飼い主にとって大きなショックで、現実を受け入れることができなくなります。好奇心旺盛な犬や猫が交通事故に遭う例は特に多く、目を離した一瞬で事故に遭ってしまうこともあるでしょう。きちんと見ていなかったと自分を責めるでしょうし、交通事故などで加害者がいる場合は、相手への怒りや恨みの気持ちで、さらに辛くなってしまいます。また、自分では...

ペットが医療死だった人は今、心の中がとても複雑な気持ちでいっぱいなのではないでしょうか。ペットが体調を悪くすると、動物病院にお世話になることが普通です。診察してもらい、必要に応じた治療してもらいますが、その結果、快方に向かえばその治療法の選択に納得し、それが正しいと思いますよね。でももし、快方に向かわず、最悪の結果になってしまった場合、その選択が結果的に間違いになります。その選択をした自分を責め、...

ペットロスの症状かもしれない不調が今、でていますか?家族の一員として、パートナーとして、大切にしてきたペットを失うのは、飼い主にとって辛く悲しいことです。飼い主の立場によって、様々な心情があり、その悲しみ方や、それがいつまで続くのかも人それぞれですペットを失うことで心に大きな負担がかかり、いろいろな行動を起こしたり、心身に症状が表れることもあります。ペットロスによって心身に様々な症状が起きることを...