【スポンサーリンク】

ペットとして生きる意味について

ペットは何のために生きるか考えたことがありますか?

 

あなたはどのようなペットを飼っていますか。

 

ペットとして飼われている犬や猫、鳥やハムスターなどの動物たち、
実は、これらの動物も、生まれてきた意味を持っています。

 

動物の中にも、野生動物と、
ペットとして人と暮している動物がいますが、
ペットとして人と生活を共にする動物は、
ある学びの課題を持ってこの世に生を受けています。

 

スピリチュアルの視点からペットについて考える場合、
ペットは、人と触れ合う中で、
魂を成長させるという意味を持って存在しているということになります。

 

スピリチュアルの世界では、
動物にも人間と同じように魂があると考えるのです。

 

人間も動物も、霊的世界(スピリチュアル・ワールド)
からやってきた魂であると考えるのです。

 

進化生物学的に動物から人への進化について説いた
「ダーウィンの進化論」とは違い、
スピリチュアルの視点では、魂が鉱物から植物、
植物から動物、動物から人間へと進化、向上していくと考えます。

 

人が鳥に生まれ変わる、というように、
魂が人から動物に後退するということはなく、
全ての魂は人霊に進化することを目指しています。

人間は先輩

私たち人間の魂も、かつては鉱物であり植物であり動物であり、
進化した結果が今であるということです。

 

そのようなスピリチュアルの考え方から、ペットについて考えれば、
ペットたちにとって、人と暮すということは、
自らの魂を成長させることにつながることです。

 

私たち人間は、ペットにとっては魂の先輩であり、
人霊に進化するための成長を助けているのです。

 

あなたがペットのことを思い愛し、ペットの心身を気遣うことで、
人霊だけが持つ愛情を教えることができます。

 

これが、ペットの魂を成長させるのです。
ペットのしつけも、魂を成長させ進化するのを助けるものです。

 

ペットは野生動物と違い、人と接するチャンスを多く与えられています。

 

人の社会で生きる上でのルールを教えることができるしつけは、
ペットが今を生きる上では、魂にとっても大きな学びになります。

生まれる前

動物が生まれる前は、その魂は霊界に居り、類魂(グループソウル)
という魂のふる里のようなところに居たと考えます。

 

その中から、
まるでコップの水が一滴こぼれ落ちるように生まれ、
この世で様々な経験を積むのです。

 

人間の場合も同じようにグループソウル中から生まれてきて、
かつて鉱物、植物、動物であった過去世も
グループソウルの中に入っていると考えています。

 

動物たちは、再生を繰り返しながら霊性を高め、
人霊への進化を目指しています。

 

ペットとして人と触れ合い、生活することは、霊性を高める糧となります。

霊性を高めたい

動物の中にも、警察犬や盲導犬、介助犬など、
理性を持って人の役に立っている動物がいますね。

 

彼らは、訓練によってより霊性を高めていると言えます。

 

訓練し人間の役に立つことで、
他の動物に比べて早く霊性を進化させようとしているのです。

 

これらの霊性が高い動物も、
その原動力となっているのは人からの愛情です。

 

愛情と信頼があるからこそ、人の役に立とうと考えられるのです。

 

あなたのもとにやってきたペットは、
スピリチュアルの世界でも深く結びついた、ソウルメイトです。

 

あなたが注ぐ愛情は、彼らの魂を成長させ、霊性を高めます。

 

結びついた魂は、死後も離れることはなく、
霊界でずっと結ばれています。

【スポンサーリンク】

ペットとして生まれた意味とは?記事一覧

あなたとペットとの出会いを覚えていますか。地球上にたくさんいる動物の中からあなたと出会い、そして一緒に暮すことになったペット。たまたまあなたの前に現れただけでも、それはすごいことで、運命とも言えることなのです。例えばペットショップやブリーダーの元で出会ったあなたとペット。その日にペットショップに行っていなければ、出会うことはなかったかもしれません。その日でなければ、一緒に暮らすことを決めなかったか...

ペットの行方不明は、とても心配なことで非常事態ですね。家と外を自由に行き来できるようにしている場合、帰ってこなくなってしまったという場合もあれば、つないでいたリードを外して逃げたりして、帰ってこないこともあります。また、室内で飼っていてしっかり管理していても、好奇心旺盛な犬や猫は、少し目を離したすきに遠くに行ってしまうことがあります。ペットが行方不明になると、安否が心配なのはもちろん、管理が不十分...

まだ若いペットを亡くすと、「もっと生きられたはず」「なぜこんなに早く」と問い、自分を責めたりして辛い思いをしてしまうことでしょう。「私と出会っていなければ」「私と暮してなければ」長生きできたかもしれないと、長生きできなかったのが飼い主のせいだと思い悩んでしまいます。また、旅立ったペットも自分のことを恨んでいるのではないかと考えてしまうこともあります。大好きなペットと出会えたこと、一緒に暮らせたこと...

ペットロスから学べる命の教育について書いてみます。ペットを飼っていると、家族の中で初めて死を看取るのがペットだったというケースが多いのではないでしょうか。特に子供にとって、ペットの死が初めて体験する身近な者の死であることも多いでしょう。生きてきた者が亡くなるという体験をすることで、命について学ぶものです。その機会をペットが与えてくれることもあります。ペットの最期を看取るということは、その命の最初か...

ペットを飼っていて、この子は人の言葉がわかっているのではないかと感じることがありますね。「お手」「待て」「伏せ」のような短い言葉の指示はもちろんですが、「あそこのボールを取っておいで」など、文章で話しかけてもそれを理解しているよう思えるときがあります。実際に、ペットが人間と同じように言葉を理解しているのかどうかと言えば、答えはノーです。もちろん、「お手」「待て」「よし」などと言った指示を守るのはそ...

スピリチュアルについて語られる際、よく聞かれる「オーラ」という言葉。ペットもオーラはあるのです。オーラはその人の状態を表すもので、様々な色がついているように見えると言われています。人間の場合、オーラは性格や魂の状態を表す「霊体のオーラ」と、肉体の健康状態を表す「幽体のオーラ」のふたつがあり、それぞれ複数の色を持っていると言われています。実はオーラは動物にもあるもので、人間のように複雑なオーラではな...

捨てられた動物のペットの中には、不幸にも虐待を受けたり、人間の事情で、捨てられたりするペットもいます。ペットを家族の一員として大切に育て、可愛がっている人がほとんどでしょう。しかし一方で、一部ではありますが、身勝手でペットを虐待したり、世話をしなくなって捨ててしまったりする人がいるのも現実です。ごく一部の悪質なブリーダーやペットショップでは、流行の犬種を無理に繁殖させ、売れ残った犬は世話をせず、ネ...