【スポンサーリンク】

命の教育と死の教育について

ペットロスから学べる命の教育について書いてみます。

 

ペットを飼っていると、
家族の中で初めて死を看取るのがペットだった
というケースが多いのではないでしょうか。

 

特に子供にとって、
ペットの死が初めて体験する身近な者の死であることも多いでしょう。

 

生きてきた者が亡くなるという体験をすることで、
命について学ぶものです。
その機会をペットが与えてくれることもあります。

 

ペットの最期を看取るということは、
その命の最初から最期まで、生涯を通して見ているということです。

 

これまでの、そしてこれからの人生について
見つめ直す機会になることでしょう。

 

ペットは、大切な命をもって、
家族にその重さを、意味を教えてくれます。

 

家族の一員として大切にしてきたペットの最期は、
できる限り心をこめて送り出してあげましょう。

 

ペットの供養には家族によって様々なやり方があるでしょうが、
別れの儀式に子供を参加させてあげるのもいいでしょう。

 

そして、家族でペットとの思い出を語り合ってみてください。

 

小さな子供には、死とは何なのか、ペットはどうしてもう動かないのか、
優しい言葉で理解できるように教えてあげましょう。

 

そうすることで、命の尊さや、
縁や絆について学ぶことができるでしょう。

 

ペットたちの生き様は、
これから私たちが生きる上でのヒントをたくさん与えてくれます。

 

ペットたちの最期まで諦めない強い姿を見て、
命の強さや、強く生きることについて
教えられることもあるでしょう。

 

また、命の大切さ、
今を生きることの大切さを学ぶこともできます。

 

悲しい別れを経験することで、命ある今に感謝し、
出会いを大切にすることができるようになるはずです。

 

当たり前のように一緒にいたペットがいなくなって、
大切なものは、当たり前だと感じている中にある
ということに気づくこともあります。

 

もっと遊んであげればよかった、
もっとお世話をすればよかったなどと言った後悔も、
ペットが命をもって教えてくれた後悔です。

 

後悔しないように今できるかぎりのことをする、
後悔しない生き方を身に付けるきっかけになるはずです。

 

ペットたちは、その命で、家族のその後の生き方を教えてくれます。

 

ペットロスは悲しく、寂しいものですが、
その大切な命をかけて、あなたに命とは何か、
生きるとは何かを教えてくれるものでもあるのです。

 

大切な者の命から学ぶことは、その人中でずっと活き、
活かすことで命はより輝きます。

 

大切な、愛する者の命からいろいろなことを学ぶことで、
大切な者の命はあなたの中に受け継がれていき、
これからも結ばれていくのです。

【スポンサーリンク】

関連ページ

ペットの出会いは運命的
ペットとの出会いは運命で、あなたに逢うことになっており、必然の出逢いです。
ペットが行方不明になったら探す方法
ペットが行方不明と判明したら、すぐにやるべきこと、探し方について。
ペットの命について
ペットはなぜ短命で生まれたのか?長く生きる命になにができるかについて。
ペットは人の言葉が理解できているのか?
ペットは人間の言葉を理解しているのかについて。
ペットのオーラについて
ペットにもあるオーラは何色でしょうか。オーラの種類について。
捨てられた動物はどうなるか
捨てられた動物の感情や魂はどうなるのかについて。