【スポンサーリンク】

ペットのオーラは何色?

スピリチュアルについて語られる際、よく聞かれる「オーラ」という言葉。
ペットもオーラはあるのです。

 

オーラはその人の状態を表すもので、
様々な色がついているように見えると言われています。

 

人間の場合、
オーラは性格や魂の状態を表す「霊体のオーラ」と、
肉体の健康状態を表す「幽体のオーラ」のふたつがあり、
それぞれ複数の色を持っていると言われています。

 

実はオーラは動物にもあるもので、
人間のように複雑なオーラではなく、単色で、
オレンジ色やクリーム色のようなオーラを持っていると言います。

 

オーラの輝きは、精神的な成長とともに増すと言います。

 

ですが、動物は理性を持っておらず、
魂として、人間ほど進化していない、成熟していないものなので、
多くの色を持たない単純なものになっています。

 

持っているオーラは単純でも、動物はオーラに敏感です。

 

特に犬は敏感にオーラを察知し、
好きなオーラを持った人が近づくだけで尻尾を大きく振って喜びます。

 

犬などの動物は肉眼で色をしっかり判別できませんが、
魂が持つ目で、人が持つオーラを見分けていると言います。

 

動物が惹かれるのは「霊体のオーラ」ではなく、
「幽体のオーラ」で、
幽体のオーラから表れる感情を感じ取っています。

 

なので、犬が嫌いで犬に怯えているような人からは
そのようなオーラを感じ取り、あまり近づかないのです。

 

言葉ではなく、人のオーラから人の気持ちを読み取ろうとするので
動物の前で嘘をつくのは難しいことです。

 

だからこそ、心を開いて愛情を通わせることができるのですね。

 

動物とより仲良くなりたい時は、
「オーラマーキング」を実践してみましょう。

 

「オーラマーキング」とは、初めての場所や
慣れない場所に自分の居場所を見つけるための行動です。

 

ペットを初めての場所に連れていくと
、臭いをかいだりウロウロとしてみたりしますが、

 

自分の居場所を探し、どんなところか確認している
「オーラマーキング」と言えます。

 

人間も、初めて行く場所で最初落ち着かなくとも、
散策してどこに何があるか把握したり、
そこで時間を過ごすうちに落ち着いてくるはずです。

 

人と動物がオーラを通わせるには、
動物が嫌がらない程度にスキンシップをしてみましょう。

 

身体を撫でたり、身を委ねてくれたら抱っこしたり。

 

ペットを飼っている人にとっては当たり前にしていることが、
実はオーラを通わせ絆を深める「オーラマーキング」なのです。

 

ペットが言葉を話せれば、もっと気持ちを分かってあげられるのに、
そう思う飼い主は多いですが、
スキンシップなどを通してその子のオーラを感じ取ってみましょう。

 

言葉ではなくても、オーラを感じることで
ペットが思っていることが伝わってくるかもしれません。

 

ペットたちは、言葉ではなく、
あなたの言葉の裏にあるオーラを感じています。

【スポンサーリンク】

関連ページ

ペットの出会いは運命的
ペットとの出会いは運命で、あなたに逢うことになっており、必然の出逢いです。
ペットが行方不明になったら探す方法
ペットが行方不明と判明したら、すぐにやるべきこと、探し方について。
ペットの命について
ペットはなぜ短命で生まれたのか?長く生きる命になにができるかについて。
ペットロスから学ぶ命の教育
ペットロスから学べる、いのちの教育、死の教育について。
ペットは人の言葉が理解できているのか?
ペットは人間の言葉を理解しているのかについて。
捨てられた動物はどうなるか
捨てられた動物の感情や魂はどうなるのかについて。