【スポンサーリンク】

ペットロスは克服できる。

ペットロスを克服し、前向きに生きていく方法を紹介したいと思います。

 

ずっと愛情を注いできた愛するペットを失った悲しみは、
簡単に癒えるものではありません。

 

始めは現実が受け入れられずパニックになったり、
日常生活に支障を来すほど、心が傷つくものです。

 

ペットロスの悲しみ、苦しみを解決する術がなく、
底なし沼のように苦しく感じてしまうかもしれません。

 

ですが、パートナーを失ったときの大きな苦しみ、悲しみは
ずっとそのまま続くわけではありません。

 

喪失感や悲しみが消えてなくなるというわけではありませんが、
それは時の流れと共に穏やかになり、
徐々に受け入れられるようになるものです。

 

気持ちを穏やかに沈めてくれる、唯一のものは時間です。
時間が心を癒し、穏やかなものにしてくれるでしょう。

 

 

ただ、悲しみが和らぐのを待っているだけでは、
辛く長い時間を過ごすこととなります。

 

 

悲しみを克服するためのプロセスは、
自分を成長させるプロセスでもあります。

 

失ったペットは戻ってきませんが、
その命を持って、あなたに大きな意味を与えてくれているはずです。

 

悲しみが癒えるのを待つだけでは、
辛い気持ちを抱えたまま時間を過ごすことになります。

 

ペットと過ごした日々を振り返り、
その意味を考える時間として使ってみてはどうでしょう。

ペットロスを克服するための過ごし方

具体的に、
ペットロスを克服するためには、どのように過ごせばいいのでしょうか。

 

まず、悲しい気持ちを我慢する必要はありません。
自分以外の人を気にせず、
泣きたい時は我慢せずに泣いて、たくさん涙を流しましょう。

 

まずは自分の気持ちに素直になることが大切です。

 

そして、
ペットと共に過ごしてきた家族や、ペットロスを理解し合えるような人と、
その気持ちについて話し合ってみましょう。

 

 

実際にペットロスで苦しむ人の手記ブログを読むのもいいでしょう。
自分の悲しみを伝え、
共有することで、気持ちの整理がつきやすくなります。

 

 

気持ちを整理するために、ペットの写真を整理してアルバムにしたり、
ペットへの思いを日記やブログに書き留めることも効果的です。

 

 

楽しかった思い出や、
失った悲しみを思いのまま文字にしてみましょう。

 

 

一緒に過ごした日々を思い返し、
ペットが自分に与えてくれた喜びを思い出せるはずです。

後悔で胸いっぱいになったら

過ごした日々を思い出していると、
楽しい思い出はもちろん、もっと遊んであげればよかった、
早く病院へ連れていけばよかったなどと、
後悔の念も押し寄せてくることでしょう。

 

 

自分を責め、さらに苦しい気持ちになるかもしれません。

 

そんなときは、ペットに手紙を書いてみてください。

 

 

今、失って辛く悲しい気持ち、
ペットへの「ありがとう」そして「ごめんね」を、
手紙に書いてみましょう。

 

そして、もしペットから返事が届くなら、
どのような言葉が届くだろうと、想像してみてください。

 

 

もしもペットへの「ごめんね」の気持ちが消えず辛いときは、
自分がペットにしてあげられたことを書き出してみます。

 

 

散歩やご飯の用意、ブラッシングやトイレなどの掃除など、
ペットが生きている間に何回してあげられたか、数えてみましょう。

 

 

例えば、ペットが10年生きたとすれば、
1日2回のご飯の用意も、2回×365日×10年で7300回。
すごい回数ですね。

 

自分がペットのために、今までこれだけ頑張ってきたよ、
ということに気付くきっかけになるはずです。

自分なりの供養を見つける

人が亡くなると、何らかの葬送の儀式があります。
例えば仏教では、
お通夜や葬式、初七日、二七日、四十九日、一周忌など、
家族や親族が集まり、故人を弔います。

 

それぞれの思いを共有して悲しみが癒えるよう、
このような供養の節目があるのです。

 

ですがペットには、
まだそのような供養の儀式が一般化されておらず、
気持ちに節目を付けることができないために、
ペットロスが長引く人が多くいます。

 

ペットのお葬式をしたりお墓を建てたりと、
自分なりの供養をしてみるのもいいでしょう。

理解してくれる人に相談する

また、最近ではペットロスカウンセラーという、
ペットロスについて相談に乗ってくれる人もいます。

 

人の命について説き、話を聞いてくれるのは僧侶などですが、
ペットロスの場合は、
周りの人に相談できる環境にないことが多いため
そのような専門のカウンセリングを受けてみてもいいかもしれません。

 

また、お近くにペット霊園ソウルメイトがあれば、
そこのお坊さんは、ペットのために生まれたようなお人ですから
足を運ばれてみるのもよいかもしれませんね。

 

ペットロスを克服するには長い時間がかかりますが、
その時間を大切に過ごすことで、
ペットと過ごした日々を素敵な時間だったと思えるようになり、
ペットとの出会いに意味を見いだせるはずです。

 

大切なペットが自分の人生に与えてくれたものを知ることで、
これからの人生をより豊かに過ごすことができるはずです。

【スポンサーリンク】

ペットロスを克服する方法記事一覧

ペットロス症候群の人々が増えてきたのはなぜだと思いますか。近年、ペットを取り巻く環境が変化して、それと共に、ペットロスに悩む人が増えています。大昔から、人間は犬などの動物を飼ってきましたが、それは生活の役に経つ「使役動物」としての存在でした。それから徐々に、ペットは可愛がって楽しむための「愛玩動物」として飼われるようになり、今ではペットを「パートナー、伴侶として飼う」という意味で、「コンパニオン(...

ペットロスの対処をするため、まず現実を受け入れてみます。ペットは大切な家族です。我が子のように思ったり、また、子供たちの立場からすれば、兄弟のような存在であったり、単身者にとっては、かけがえのない理解者でもあります。そんな大切な存在であるペットを失ったとき、その悲しみ方や苦しみ方は、それぞれの立場によって少し異なります。それぞれのペットロスに、どのように対処すればいいのでしょうか。ここでは、家族、...

ペットロスで涙が止まらない人は、それを我慢する必要は全くありません。人は悲しいと涙が出ます。それは自然なことで、たくさん涙を流したからこそ、その後の幸せを有り難く感じるものです。しかし、日常生活では、泣いているよりは笑顔の方がポジティブに見え、泣いていると、元気を出して、泣かないで、などと慰めの声をかけられることでしょう。ですが、笑顔は、涙を十分に流した後に取り戻せるもの。自分に嘘をついて、泣くこ...

ペットロス 虹の橋、という詩を知っていますか。はじめは何だろう?と思いました。ペットロスで苦しんでいる人には、是非読んでもらいたい詩です。また、ペットロスで苦しみたくないという人にも、ぜひ読んでもらいたい詩です。作者不明の海外の詩で、インターネット上には日本語訳されたものも公開されています。天国のほんの少し手前には「虹の橋」があり、地上で人と愛し合っていた動物はそこに行くことができる。そこには水も...

ペットロスでかける言葉について、あなたはどうしていますか?親や兄弟、友人など、身近な人がペットロスになったとき、どのような言葉をかけてあげればいいのか、迷いますね。特に、自身にペットロスの経験がない場合は、ペットを失い悲しみ、涙する人に対してどう接すればいいのか分らないでしょう。「泣かないで」、「元気を出して」などと、安易に慰めることが、かえってその人を傷つけてしまうことになるかもしれません。ペッ...

ペットロスにならないために、傷が浅くてすむように、できるなら回避したいなど、生前から心の準備をしておきたいと思う人は多いでしょう。核家族化や少子化に伴い、ペットを飼う人は年々増える傾向にありますが、ペットを飼っている人のうち、約1割は重篤なペットロスに陥ると言われています。ペットの数はこれからもますます増えると言われており、ペットロスで苦しむ人も今後もっと増えると予想されます。ペットを失って悲しみ...

重いペットロスになりやすい人には、いくつかの特徴があります。その原因を知っておくことで、ペットロスの重症化を防ぐことにつながります。まず、最初にペットに依存している人はペットロスが重くなりやすい傾向にあります。依存というとマイナスイメージもありますが、ペットを家族のように、パ―トナーのように思っている人や、子供のように可愛がっている人、悩みの相談相手になってもらっている人などが、このタイプです。ペ...

愛するペットを失ったとき、寂しさ、悲しさに追い打ちをかけるのが、後悔や罪悪感です。「もっとああしてあげればよかった」「もっと早く、体調の変化に気づいてあげられれば」などと、自分を責めてしまうのです。言葉が話せないペットとの別れは、ことさら後悔や罪悪感を伴うことになり、それに長く苦しむ人も多いと言います。例えば最後を看取るとき、病院で別れの時を迎えると、「自宅でゆっくりお別れすればよかった」という後...

旅立ってしまったペットとまた会いたい、大好きだったペット、いつでもあなたのそばにいてくれたペットと、もう一度会いたいと願うこともあるでしょう。死んだペットに会いたいと誰もが思いますね。あの、ぬくもりを、匂いを感じたいと。別れてしまった愛する者と再会したいという願望を持つのは自然なことです。そして、亡くなってしまったからといって、もう会えなくなるわけではありません。ペットと再会することは、不可能なこ...

一日も早く、克服して元気になれるように、あなたへ贈る言葉。愛するあの子を失って苦しんでいるあなたへ泣きたいだけ、泣いてください。思い切り泣いてもいいのです。涙が止まらないのはおかしなことではないのですよ。それだけ愛していた証拠なのですから。その涙は素晴らしいものです。その胸を切り裂くような悲しみは、ずっと続くものではありません。時とともに、癒えていくものです。だから今は、ゆっくりと悲しんでください...