【スポンサーリンク】

ペットロスにならない心の準備

ペットロスにならないために、傷が浅くてすむように、
できるなら回避したいなど、
生前から心の準備をしておきたいと思う人は多いでしょう。

 

核家族化や少子化に伴い、
ペットを飼う人は年々増える傾向にありますが、
ペットを飼っている人のうち、
約1割は重篤なペットロスに陥ると言われています。

 

ペットの数はこれからもますます増えると言われており、
ペットロスで苦しむ人も今後もっと増えると予想されます。

 

 

ペットを失って悲しみ、苦しんでいると、自身の免疫力も下がり、
他の病気を引き起こす危険もあります。

 

ペットロスによって睡眠障害や食欲不振に陥り、
うつ状態になることも。

 

ペットロスに苦しみ続けるのは、自分自身を傷つけることになります。

 

そしてさらにそれが長引くと、周囲の人を心配させ、
暗い気持ちにさせてしまいます。

 

ペットロスを長引かせることは、
自分も周囲も暗い悲しみの渦に巻き込んでしまうことになるのです。

 

ペットとの別れは、いつか訪れるものです。
長引かせない方法を取り入れてみましょう。

出逢ったときから覚悟をする

ペットロスにならないために、
ペットとの別れの悲しみを長く引きずらないために、
ペットと出逢った時から、
飼い始めたときから覚悟を決めることが必要です。

 

そして、やがて来る別れの日まで、ペットとどのように暮らすのか、
どのように愛情を注ぐのか決めることで、
豊かなペットライフを送ることができるのです。

 

 

ペットと出逢った日から、ペットに長く元気に生きてもらうよう、
ペットライフを自ら設計しましょう。

 

ペットを失った後、
「もっとああしてあげられれば」という心残りや後悔は、
ペットロスをより辛く重いものにします。

 

大切なペットと少しでも長く、
楽しく幸せな時間を過ごす努力をすることで、後悔を残さない
ペットライフを送りましょう。

楽観的な心の持ち方

ペットのことを愛して大切に育てている人の中には、
ペットに傾倒するあまり、

 

「この子は私そのものだ」と感じたり、
「この子がいないと生きていけない」

 

「きっとペットロスになってしまう」と、
ペットを失うことに大きな不安を感じている人もいます。

 

そのようなタイプの人はやはりペットロスに陥りやすく、
ペットロスが長引く傾向にあります。

 

一方で、

 

「この子には悔いのない生活を送らせてあげたい」と、

 

ペットと楽しく暮らすことを中心に考えている人は、
ペットロスの苦しみも少なくすみます。

 

ペットを愛する人にとっては、
いずれにせよペットとの別れは悲しいものです。

 

そういう意味では、誰にでもペットロスは訪れるものと言えます。

 

 

しかし、「ペットロス」という言葉に対して
悲観的なイメージを持ってペットライフを送っている人と、

 

その日が来るまで「楽しく」過ごそう
という気持ちでペットライフを送っている人とでは、
ペットロスの捉え方が大きく違い、苦しみ方も違うはずです。

 

「この子が居ない生活は考えられない」

 

と考えるより、

 

「この子には最後まで元気に楽しく過ごして欲しい」

 

と考えた方がいいのです。

 

やがて来るペットロスの悲しみを辛いものにしないために、
ペットライフを充実させましょう。

ペットの健康の質を上げる

例えば、飼い主が自ら、ペットの自己治癒力を高める環境作り、
習慣作りをすることを「ナチュラル・ケア」と言います。

 

これはペットと飼い主、両方の健康につながることです。

 

例えば、毎日の食事に使う食材や、
飲み水の質にこだわることや、アロマテラピーでリラックスすることが
「ナチュラル・ケア」の一つの方法です。

 

 

体に良い食材を選ぶこと、心身をリラックスさせることは、
飼い主の健康にとっても良い影響を与えるはずです。

 

ペットと共に、自分の健康もケアすることで、
ペットと一緒に豊かな生活を送ることはできるでしょう。

 

豊かな時を一緒に過ごせば、満足感や充足感を得ることができ、
ペットロスを穏やかなものにします。

 

 

生を受けたものにいつかは訪れる死。

 

いつか訪れる別れを受け入れ、責任を持ってお世話を続けましょう。

 

ペットと自分の心身の健康にとって
よりよい生活を送ることができれば、やがて経験するペットロスを、
穏やかで満足感のあるものにできるはずです。

【スポンサーリンク】

関連ページ

ペットロス症候群が増えた原因
昔では考えられなかったペットロス症候群の人が増加している原因は何かについて。
ペットロスの対処法
ペットロスの対処の受け入れ方、接し方について紹介しています。
ペットロスで涙が止まらない時は?
ペットロスで涙が止まらない時はこうしよう。
ペットロス 虹の橋について
ペットロスになった人もならないようにしたい人も一度は読んでおくべきといっていい詩です。
ペットロスの人にかける言葉
ペットロスになった人にどんな言葉をかけるべきか。向き合い方について。
ペットロスになりやすい人ってどんな人?
ペットロスになりやすい人のタイプについて、自分のタイプを知りましょう。
ペットロスで罪悪感がある人
ペットロスで強い罪悪感を持っている人へ。
死んだペットに会いたい
亡くなった犬に会いたい時、自分にできることは何か?
ペットロスの方に贈る言葉。
少しでも早くペットロスを克服できるように、言葉の贈り物。