【スポンサーリンク】

ペットロスで涙が止まらないなら

ペットロスで涙が止まらない人は、
それを我慢する必要は全くありません。

 

人は悲しいと涙が出ます。
それは自然なことで、たくさん涙を流したからこそ、
その後の幸せを有り難く感じるものです。

 

しかし、日常生活では、
泣いているよりは笑顔の方がポジティブに見え、
泣いていると、元気を出して、
泣かないで、などと慰めの声をかけられることでしょう。

 

ですが、笑顔は、涙を十分に流した後に取り戻せるもの。
自分に嘘をついて、泣くことを我慢したり、無理に笑うことはないのです。

 

 

愛するペット、かけがえのない家族の一員を失った悲しみは、
これまで経験したことのないほど、大きなもののはずです。

 

ペットを思って流す涙には愛があり、
愛があるからこそ、涙がとめどなく流れるのです。

 

 

涙の中の愛に気づくことができれば、
出会えたこと、一緒に過ごせたことの幸せに気が付くはずです。

 

十分に涙を流すことは、ペットロスを克服するために重要なことです。

励ましの言葉は聞き流す

しかし、ペットロスを経験したことがない人や、
ペットを飼った経験がない人にとっては、
ペットロスで苦しむ人の涙を十分に理解するのは難しいかもしれません。

 

涙が止まらないあなたを見て心配し、時には、

 

「もう泣かないで」
「泣いていたらペットも心配するよ」
「ペットが成仏できないよ」

 

などといった
励ましの言葉をかけられることもあるでしょう。

 

身近な人からの慰めであれば、
つい聞き入れて、泣くことを我慢しようしてしまいます。

 

 

ですが、泣きたい気持ちをぐっと我慢して、
涙を流すのを無理にやめれば、心に大きな負担がかかります。

 

そして、辛い気持ちのまま、我慢しなければならなくなります。

 

それでも周囲からの慰めに反して
涙が出てしまう自分を責めてしまうかもしれません。

 

 

涙を我慢し、辛い気持ちを閉じ込めてしまえば、
ペットとの出会いさえも辛い思い出となってしまい、
悲しいままで終わってしまいます。

 

 

涙をたくさん流したからこそ、ペットと出会えたこと、
過ごせたことがどれほど幸せだったのか分かるのです。

 

 

涙を流すことは、
ペットを心配させることでも、成仏させないことでもなく、
ペットへの愛を確かめることです。

 

 

たくさん泣いた人には、その意味が分かるはずです。
いくら泣いても、涙は枯れるものではないかもしれません。

 

ペットを思えば、そのたびいつでも涙が出てくることでしょう。

 

 

しかし、その涙は当初の辛く悲しい涙ではなく、
いずれはペットとの出会い、ペットとの愛を噛みしめた、
幸せの涙へと変わってくるはずです。

 

 

いつかはペットが、ペットロスが、
あなたに愛することの幸せを教えてくれる日が来るでしょう。

 

その日が来るまで、涙は我慢せず、たくさん流せばいいのです。

【スポンサーリンク】

関連ページ

ペットロス症候群が増えた原因
昔では考えられなかったペットロス症候群の人が増加している原因は何かについて。
ペットロスの対処法
ペットロスの対処の受け入れ方、接し方について紹介しています。
ペットロス 虹の橋について
ペットロスになった人もならないようにしたい人も一度は読んでおくべきといっていい詩です。
ペットロスの人にかける言葉
ペットロスになった人にどんな言葉をかけるべきか。向き合い方について。
ペットロスにならないために準備すること
ペットロスにならないために準備しておくことと過ごし方について。
ペットロスになりやすい人ってどんな人?
ペットロスになりやすい人のタイプについて、自分のタイプを知りましょう。
ペットロスで罪悪感がある人
ペットロスで強い罪悪感を持っている人へ。
死んだペットに会いたい
亡くなった犬に会いたい時、自分にできることは何か?
ペットロスの方に贈る言葉。
少しでも早くペットロスを克服できるように、言葉の贈り物。