【スポンサーリンク】

ペットロスから立ち直るために贈る言葉

一日も早く、克服して元気になれるように、あなたへ贈る言葉

 

愛するあの子を失って苦しんでいるあなたへ

 

泣きたいだけ、泣いてください。
思い切り泣いてもいいのです。

 

涙が止まらないのはおかしなことではないのですよ。

 

それだけ愛していた証拠なのですから。
その涙は素晴らしいものです。

 

その胸を切り裂くような悲しみは、ずっと続くものではありません。

 

時とともに、癒えていくものです。
だから今は、ゆっくりと悲しんでください。

 

 

「あのとき、ああしていれば」

 

後悔して、自分を責めても何も変わりません。
何も始まりません。

 

あのときに戻っても、同じことをしていたはず。
あのとき別の選択をしていても、別の後悔があったはず。

 

 

あなたが求めているのは理想の自分ですが、
あの子はあなたの理想ではなく、あなたを愛しています。

 

そのままのあなたでいいのです。

 

なんでも自分のせいにしないでください。
あなたのせいではありません。
自分を責めないでください。

 

あなたがあの子にしてあげられたことは何もありませんか?

 

振り返るなら辛いことではなく、
幸せだったことを振り返ってみてください。

 

 

悲しみの出口が見えないあなた。
でも悲しみの先には安らぎが待っています。

 

悲しみの中には幸せが隠れています。
きっと見つけられるはずです。

 

苦しい時間も悲しい時間も、全てあなたのための時間です。
あなたがあなたらしくなるための正しい時間なのです。

 

あなたがあの子の肉体を失っても、
あなたの心の中では失われません。

 

出会ったこと、一緒に過ごした幸せも消えません。

 

あなたがいる限り、消さない限り、
その想いがなくなることはありません。

 

 

別れ方も悲しみ方も人それぞれです。
亡くなるときにいろいろあったとしても、
今はあなたの涙で完治しています。もう苦しんではいません。

 

痛みから、苦しみから解放されたあの子は、
あなたの愛に包まれています。

 

あなたとあの子が、あの時あの場所で出会ったのは運命。

 

あの子があなたを見つけてくれたことに感謝しましょう。
あなたがあの子を見つけられたことを褒めましょう。

 

 

こんなにたくさんの涙を流すほど愛することができたのは、
大きな幸せです。

 

その愛は消えることはありません。
あなたの中で生き続けます。
これからは、あなたの中であの子が生き続けるのです。

 

もっと一緒にいたかったと思うでしょう。

 

でも、あの子にとっては多くの時間を、
生涯のほとんどをあなたと一緒に過ごすことができたのです。

 

大好きな人と生涯を添い遂げることができたこと、
それはあの子にとってどれだけ幸せなことでしょう。

 

 

もっとそばにいてあげたかった。
忙しかったあなたはそう思いますか。

 

でも、体は離れていても、
心はいつでもあの子のことを想っていたはずです。
あの子もあなたを想っていたのです。

 

生きているときはあった距離も、今はもうありません。

 

いつもあなたと一緒です。
目には見えにくいかもしれません。

 

ですが、目に見えるものが全てではないのです。
そして、そこになくても見えるものもあるはずです。

 

 

あなたが見ている星はもうそこにはありません。
空に輝く星の光は、過去からものです。

 

過去からの光が未来に届くように、
あなたの心にも過去からの光が届くはずです。

 

目には姿が見えなくても、
心の中には素敵な光が届くはずです。

 

あなたが悲しんだり苦しんだりしたことは、
いつか他の誰かの心を救うことになるかもしれません。

 

だから、一緒に暮らした幸せを忘れないでください。
失った悲しさも忘れないでください。

 

 

さようなら、の続きを知っていますか。
さようなら、には、また会おうね、という言葉が続いているのです。
出会いと別れがセットになってやってくるなら、
別れと再会もセットなのです。

 

どうかそれまで、あなたの人生を充実したものにしてください。

 

 

あの子はあなたにいろいろなことを教えてくれました。

 

あなたに、今という時間の大切さを、
喜びの大切さを、
共にあるという時の大切さを
命の尊さを、愛することを教えてくれました。

 

 

あの子の命はあなたにたくさんの贈り物を残してくれました。

 

あなたがそれを知り、これからの人生の教訓とすることで、
その命は意味あるものになります。

 

あの子が残したものは、あなたの中で生き続けます。
目には見えなくても、ずっと残っています。

 

 

いつかまた会える。

 

 

そのときまで、
あの子の命が教えてくれた、生きることの大切さ、
忘れないでください。

 

あの子はあなたの人生をずっと照らして輝かせてくれます。

【スポンサーリンク】

関連ページ

ペットロス症候群が増えた原因
昔では考えられなかったペットロス症候群の人が増加している原因は何かについて。
ペットロスの対処法
ペットロスの対処の受け入れ方、接し方について紹介しています。
ペットロスで涙が止まらない時は?
ペットロスで涙が止まらない時はこうしよう。
ペットロス 虹の橋について
ペットロスになった人もならないようにしたい人も一度は読んでおくべきといっていい詩です。
ペットロスの人にかける言葉
ペットロスになった人にどんな言葉をかけるべきか。向き合い方について。
ペットロスにならないために準備すること
ペットロスにならないために準備しておくことと過ごし方について。
ペットロスになりやすい人ってどんな人?
ペットロスになりやすい人のタイプについて、自分のタイプを知りましょう。
ペットロスで罪悪感がある人
ペットロスで強い罪悪感を持っている人へ。
死んだペットに会いたい
亡くなった犬に会いたい時、自分にできることは何か?