【スポンサーリンク】

ペットロスカウンセラーとは

ペットロスカウンセラーって知っていますか?

 

ペットを飼う人が増え続けている今、
これからペットロスで苦しむ人も増えることが予想されます。

 

また、少子高齢化や核家族化によって、
ペットロスで苦しむ人の層も老若男女様々になります。

 

ペットとの別れ方や悲しみ方も人それぞれで、
ペットロスの苦しみも人によって違います。

 

人によっては抱え込んでしまい、ペットロスを長引かせ、
心身に影響が出ることも。

 

心療内科などでカウンセリングを受けることもできますが、
近頃はペットロス専門のカウンセラーがいます。

 

ペットロスカウンセラーの養成講座もあります。

 

ペットロスカウンセラーの資格を得るには、
まずペットロス・パラ(準)カウンセラー養成講座で
必要な知識や技能を学び、
ペットロス・パラカウンセラーとなった人を対象に
ペットロスカウンセラーの養成講座が開かれます。

 

2014年現在、ペットロス・パラカウンセラーは151名、
ペットの専門者や動物医療の従事者、
医療関係者の他、学生や主婦など一般の人もいます。

 

自らのペットロスを克服するために受講を決めた人もいます。

 

また、実際にペットの終末に動物病院に係った際に
心無い言葉を言われ、
ペットロスについて無関心な世の中を変えたい
と受講を決意した人もいます。

 

上級クラスのペットロスカウンセラーは2014年現在で
25名が終了しており、2年間の専門教育は6期目に入っていて、
修了後はスキルをそれぞれの仕事に活かしたり、
ボランティアとして活躍したりしています。

 

講座を受けることができるのは神奈川県ですが、
遠方で通えない人には通信講座にも対応しており、
認定書も交付されます。

 

興味がある人は、まずはペットロス・パラカウンセラー
養成講座から受講してみましょう。

経験を前向きに生かせる仕事

ペットロスの悲しみや苦しみは、
体験した人にしか分らない部分があります。

 

体験したことがない人からすれば、
「ペットを亡くしたくらいで大げさ」などと取られることもあり、
それはさらにペットロスで苦しむ人を傷つける言葉になります。

 

実際にペットロスに苦しんできた人には、
その悲しみや苦しみが手に取るようにわかるはずです。

 

ペットロスを克服し、立ち直った人の経験が、
ペットロスに悩む人の大きな力になることがあるのです。

 

ペットロスについて学ぶことで、
自らのペットロスを本当の意味で克服することもできるでしょう。

 

同じ悲しみを味わった物にしか癒せない心があります。

 

そのような悲しみを教えてくれたのも、大切なあなたのペットの命。

 

大好きだったあの子の命を何か意味あるものにしたい、
もちろん、資格などなくとも
誰かを励まし癒すことはできますが、
自分の経験を形にしたいと思っている人には、
ペットロスカウンセラーの勉強をすることもひとつの方法です。

 

正しい知識を身に付けることで、
自らの経験や思いを整理することもできます。

 

ペットを失った悲しい経験は、
誰かを癒すことができる力になるでしょう。

 

ペットの大切な命を、誰かのために活かすことができるのです。

 

>>ペットロスカウンセラー講座の詳細をみてみる<<

 

【スポンサーリンク】

関連ページ

ペットの火葬の種類と注意点
ペット火葬には種類があり、自分に合った火葬を知り、悪徳業者を選ばない方法について。
ペット霊園の選び方について
後悔しないためのペット霊園の選び方について。
ペット供養の方法
ペットの供養にはいろいろな方法があります。自分に合った供養の仕方を見つけてみましょう。