【スポンサーリンク】

ペット供養の仕方について

ペット供養については、どうすればいいのか迷う人も多いと思います。

 

人が亡くなると、日本では一般的に
お通夜、お葬式し、火葬、納骨して故人を供養します。

 

宗教や宗派によってその方法は様々ですが、
人が亡くなった際の供養は、それぞれの家に決まった形がありますね。

 

それでは、ペットが亡くなった場合、
供養はどのようにすればいいのでしょうか。

 

ペットの供養に決まった形や方法はありませんが、
飼い主が「こうしてあげたい」
と思う方法が、ペットにとっても一番の供養になります。

 

最近では、ペット霊園も増え、インターネット上でペットを供養してくれる
ネット霊園なるものも登場しています。

 

スピリチュアルの視点でペットの供養について考えた場合、
動物は人間ほど肉体に執着を持っておらず、そして、
財産などによるしがらみもないため、

 

比較的スムーズに魂のふるさとである
グループソウルに帰ることができると言います。

 

こうしないと成仏できない、というような決まりや形式はないと言えます。

 

ですので、供養の形にこだわる必要はありません。

 

あなたがペットへの思いをこめて供養することが、
ペットの魂にとっても幸せなことです。

 

愛するペットにとって、
最前の供養しようと思うと、様々な疑問が出てくるでしょう。

 

ペットの供養について、よくある疑問をまとめました。

最高の供養をするのに良い方法

伴侶(パートナー)であるあなたが
してあげたいと思うことが、最高の方法です。

 

どれだけお金をかけ、盛大な供養をしたとしても、
気持ちが伴っているものでなければ意味がありません。

 

無理をしてお金をかけるのも、少し違います。
あなたができる範囲の供養をしてあげるのが一番です。

 

宗派や形式にとらわれなくとも、気持ちをこめてペットを送り出しましょう。

ペットにお経をあげたい

ペット用、動物用のお経というものはありません。

 

ですが、人間も動物も、命に違いはないので、
人間と同じお経でも問題はありません。

 

命は平等で、差別されるものではないので、
お経も人間用、動物用と分ける必要はないのです。

 

愛にも、悲しみにも違いはありませんので、
動物専用のお経はありませんが、人間と同じお経でいいのです。

お通夜、葬式、供養はするものか

お経が伴うような葬儀をしなければ、供養にならない
というわけではありません。

 

必要、不必要で考えず、してあげたいかどうかで考えましょう。

 

ただ、ペットに対する感謝を伝える機会や、
お別れをする機会としての供養は必要
でしょう。

 

見送るときに、ペットが好きだった食べ物や、
お花や手紙を添えてお別れするなど、感謝を伝え、
見送る方法はあります。

 

また、ペットにとって生前お世話になった人や、
大好きだった人に、ペットが亡くなったと伝えて、
お別れしてもらうのもいいでしょう。

 

形式にとらわれず、してあげたいことをして供養としましょう。

骨を残す火葬と納骨について

年齢や病気、個体差によって、骨が残らないこともあります。

 

ですが、ほとんどのプロ業者では、
骨がしっかり残るよう、火葬の温度を調整してくれますが、
時に個体差の事情で残らないこともあるかもしれません。

 

日本では骨に執着してしまうことがありますが、
例え骨が、形として、ほとんど残っていなくても、それは自然なことで、
骨がないからと言って、
思いまで消えてしまうというわけではありません。

 

骨は大地に還っていくものですが、
宿っていた魂が永遠に消えることはないのです。

 

ですが、やっぱり可能なら骨をできるだけ残したいと思うなら
料金で選ぶのではなく、
火葬時の温度調整の腕があるところに依頼するべきです。

 

 

また、必ず納骨しなければいけないというわけではありません。

 

人の場合は一般的には四十九日で納骨となりますが、
もっとそばに置いていたい
という気持ちを無視して、無理に納骨する必要はありません。

 

 

気持ちが落ち着くまで手元に置いておきたいという人もいれば、
仲間と一緒にお経が聞こえるところに居させてやりたい
と納骨堂に預けてお参りに来る人もいます。

 

自分がどうしたいか考えて、家族と相談してみるといいでしょう。

 

ただ、骨に魂が宿っているというわけではなく、
骨と離れてしまっても心が離れるというわけではないので、
納骨する場合は安心して納骨してください。

庭に骨を埋める・良い方角について

ペット霊園では、お参りも遠くて寂しいからと、庭がある人は
庭に骨を埋めて大丈夫かな?と疑問に思うことがあるでしょう。

 

法律上、人の骨はできませんが、動物の骨は大丈夫です。

 

自宅の庭など、私有地の敷地内であれば問題ありません。

 

好きだった庭に埋めてあげ、
花を飾ったり石を建てたりするのもいいでしょう。

 

お寺の土地に埋めるのも、自宅の庭に埋めるのも、
同じ大地でつながっているということです。

 

埋める土地にあまりこだわりすぎず、
あなたの心の中に居場所を作ってあげるのが一番の供養です。

 

 

また、骨を庭や家で安置するのに良い方角を気にする方へ。

 

仏壇を置く方角には諸説ありますが、どこでも構いません。

 

 

家族が手を合わせやすい場所や、好きだった場所など、
ここが一番だという場所に置くのがいいでしょう。

 

風水や宗教などによって、方角についてはいろいろと言われますが、
大地に線引きなどはなく、考え方もそれぞれ違うものです。

骨を食べるVS骨をずっと取っておくVS分骨について

ペットの骨を食べるのは異常なことではありません。

 

あまり聞かれないことで、それを聞くと驚く人も多いでしょうが、
人の場合でもそうのようにする人もいます。

 

食べた人の骨に吸収され、一体化しますが
食べた人もいつかは骨になって大地に還るのです。

 

 

逆に、骨をずっと取っておくことはせずに
いつかは還したほうがいいと考えておきましょう。

 

そうしたいと思えるようになってからで構いません。

 

地球上の全ての生き物は土から生まれ土に還っていきます。
あなたも、いつかは骨になり、土に還ることになります。

 

そのとき一緒に土に還ることができると考えましょう。

 

 

また、骨を少し分骨したい人もいると思います。

 

人の場合も動物の場合も、問題ありません。
分骨するとあの世で不自由だ、などと考える人もいますが、
生前とは違い、魂は肉体にとらわれていません。

 

分骨して骨の一部をペンダントなどに入れて、
お守り代わりとして持っておきたいという場合も、問題ないことです。

遠いお寺の供養・骨がない供養について

行きたいお寺があっても、通うには遠くて供養できないときがあります。

 

ですが、お寺に通えなくても供養してもらえることがほとんどです。

 

読経や、手紙供養に対応してくれるお寺もあるようです。
物理的な距離があっても、心の距離はありません。

 

想う気持ちが一番大切です。

 

ですから、連絡して聞いてみましょう。

 

 

また、骨がないと供養はできないと思っていませんか?

 

骨がなくても、あなたの中に想う気持ちがあるので、できます。
想いを形にするのが供養です。

 

目に見える骨ではなく、
一番大切なのは、供養してあげたいという気持ちです。

 

気持ちは目には見えませんが、
確かにあなたの中に存在しているはずです。

 

これらの疑問からも見えるように、
どのような形であれ、ペットを想う気持ちでやったことが、
一番の供養になると言えます。

 

肉体が無くなっても、ペットへの愛情が消えることはありません。

【スポンサーリンク】

関連ページ

ペットの火葬の種類と注意点
ペット火葬には種類があり、自分に合った火葬を知り、悪徳業者を選ばない方法について。
ペット霊園の選び方について
後悔しないためのペット霊園の選び方について。
ペットロスカウンセラーの資格
ペットロスの経験を生かして、人を癒してあげることができるお仕事について。