【スポンサーリンク】

ペット霊園は生前からチェックしておく

ペット霊園をゆっくり選ぶ時間がない人は多いでしょう。

 

愛するペットが亡くなったら、供養し、お別れをしなければいけません。

 

ペットを供養するための火葬場やペット霊園には様々な業者があり、
それを選ぶことができますが、
ペットが亡くなりパニックになっている状態で、
最善の選択ができるかどうか不安ですね。

 

だから生前から下調べしておく、という人も少ないのではないでしょうか。

 

家の近くにあるから、という理由だけで
業者を選ぶことになるケースが多いのではないでしょうか。

 

それは、あとで後悔をする人が多いのです。

 

ペットが懸命に生きているのに、
霊園を探すのはペットに悪いような気がするかもしれませんが、
ペットが亡くなって気持ちが不安定なまま業者を探すことになる前に、
ペット霊園の口コミや特徴を知っておくといいでしょう。

 

ペットの火葬を合同でするか、
個別でするか、というのも飼い主が選ぶポイントです。

 

業者によっては固定炉を持っておらず、
大型犬の火葬に対応できない場合もあるので、
注意して業者を選びましょう。

遺骨保管は霊園だけじゃない

火葬後は、お骨を自宅で保管するか、
霊園で供養してもらうかというのも、決めておくといいでしょう。

 

遺骨を海や山に散骨するという方法も、近年では広がっています。

 

また、霊園での供養の方法も様々です。

 

合同で埋葬し、
供養する合同霊園が主流で、
ペットは仲間たちと眠ることになります。

 

他にも、樹木葬やお花畑葬など、様々な供養の方法が広がっています。
自宅の庭に遺骨を埋める方もいますね。

 

宗教によっては否定される場合もありますが、
最近は飼い主とペットが同じ墓に入ることもできます。

 

亡くなったら、
人もペットも同じように仏になると考えられる場合もあるのです。

 

仏壇も、人と一緒でも構いません。

 

もちろん、家族との話合いが必須ですが、命も仏様も平等である、
という考え方があるので、
愛するペットと人の命は平等だとあなたが考えるなら、
同じお墓に入り、同じ仏壇にするのも許されることでしょう。

 

このように、近年では、
ペットの供養の仕方には様々なものがあるので、
ペットの生前から、
どのような方法で見送るのかをある程度考えておいてもいいでしょう。

急いで決めた事は後悔が多い

ですが、多くの場合は、
ペットが亡くなってから火葬や供養について考えるため、
後になってその方法に後悔を残すことも多いと言います。

 

精神的にもまいっている状態で、
少しでも残された時間は、調べることよりも肉体の側にいたいもの。

 

だから、急いで決めてしまい、特に、選んだ業者が
心のこもった対応をしてくれなかった場合は、
ペットを失って悲しい気持ちに、
さらに追い打ちをかけるように傷つくことになり、
また、ペットにも、
良い供養ができなかったと申し訳ない気持ちになってしまいます。

 

このような罪悪感によって
ペットロスを長引かせてしまうこともあります。

 

しかし、どのようなことがあっても、あなたが近くにいて、
精一杯ペットを送り出したいという気持ちに
変わりはありません。罪悪感を抱くことはないのです。

 

どのような供養の方法を取るにせよ、
一番大切なのは飼い主であるあなたの気持ちです。

 

ペットの旅立ちに思いを馳せ、自分なりの精一杯の供養をすることで、
ペットは旅立った後も愛情で包まれることでしょう。

【スポンサーリンク】

関連ページ

ペットの火葬の種類と注意点
ペット火葬には種類があり、自分に合った火葬を知り、悪徳業者を選ばない方法について。
ペット供養の方法
ペットの供養にはいろいろな方法があります。自分に合った供養の仕方を見つけてみましょう。
ペットロスカウンセラーの資格
ペットロスの経験を生かして、人を癒してあげることができるお仕事について。